オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

マンション経営

集合住宅ベランダ

上で述べたように不動産経営には他に、マンション経営もあります。
マンション経営には一棟買いか、一戸買いがあります。
つまり、マンションをまるまる購入するか、一部屋だけ買って賃貸するということです。
安定した収入があれば銀行から、事業開始の融資を受けることは可能ですが、自己資金は30%以上必要になります。
一棟買いであれば一戸買いやアパート経営とは異なり、相当な額を用意しなければいけません。
一方で、構造上強度の強いマンションは、そのメンテナンスの周期が長いことにメリットがあります。
アパートの方が定期的な修理が必要になるため、修繕費がかさむ場合があります。
また、アパートは短期的に入居者が入れ替わる側面を持つ一方、マンションは長期間入居することが多いので、安定した家賃収入を得られる可能性が高いです。
以上のように不動産経営には、アパートやマンションの賃貸経営がありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。

不動産投資

三角屋根の家

不動産投資とは、アパートやマンションなどを賃貸経営することで、入居者から得る家賃収入により利益を確保するビジネスのことをいいます。
土地を売買する不動産投資とは異なり、入居者が確保できれば、ローリスクで安定した収入を得ることができます。
不動産経営の代表的なものは、アパート経営です。
比較的少ない初期投資で始めることができるので、使用していない土地を有効活用したい人、節税対策のための人、副業として経営する人などが多くいます。
アパート経営をするためには、日常の設備管理や修理、入居者の募集、入居や退去に関わる手続き、苦情対応など、しなければならないことがたくさんあります。
これらを代行するサービスをするのが管理会社です。
どのサービスを請け負うかは、オーナーと管理会社で結ぶ契約によります。
家賃収入の数十パーセントを支払うことで、管理業務の一切を任せるものから、家賃集金だけ、仲介だけというものもあります。

知っておきたいこと

木とマンション

景気の動向はともかく、まだまだ超低金利が続いています。
貯蓄に期待できない以上、不動産経営を考えるのは自然な流れでしょう。
当面使わない土地を所有しているなら、相続税対策としても、不動産経営は魅力的な選択肢に映ります。
不動産経営の中でも賃貸アパート経営は、比較的ハードルが低そうに思われがちです。
たしかに初期投資はさほど大きくなく、自己資金で賄える方も多いと思われます。
しかし安易な考えで賃貸アパート経営に乗り出すと、結局は赤字を出してしまうことになりかねません。
賃貸アパート経営は、なにより入居率の確保が課題になります。
ところが現在では、人口の減少ともあいまって、空室が余り気味であるという事実があります。
これから人口が増える見込みはないので、限られた入居者の奪い合いになるでしょう。
入居者を惹きつけるには、設備をリフォームするなど、何らかの付加価値が必要になり、最終的には費用が増えてしまいます。
不動産経営に必要なのは、シビアな収益率の計算です。
特に賃貸アパート経営では、空室率を織り込んで賃料収入を予測する必要があります。
また築年数や駅からの距離に応じて、最適な家賃を設定しなければなりません。
賃貸アパート経営の鍵は、この家賃設定にあると言ってもよいでしょう。
具体的には、不動産経営の経験豊富な地元の専門家にアドバイスを受けるのが確実です。
賃貸アパート経営は、見た目ほど楽な資産運用ではありません。
不動産経営に関連した情報を集め、十分に知識を蓄えてから始めるのが大切です。

    木とマンション

    知っておきたいこと

    景気の動向はともかく、まだまだ超低金利が続いていま...

    Readmore
    三角屋根の家

    不動産投資

    不動産投資とは、アパートやマンションなどを賃貸経営...

    Readmore
    四角い家

    収益法

    土地など、現在使用していない不動産についても、税金...

    Readmore